おすすめ記事
他の共有者と交渉して共有持分を増やすのは可能?

他の共有者と交渉して共有持分を増やすのは可能?

交渉に成功すれば共有持分は増やせる

一つの不動産に複数の権利者が存在するような場合は、共有名義になっていると考えられます。
そのような物件は基本的に売却するときに、すべての権利者が合意をしなければ、不動産を全体的に売却することができないです。そのため取り扱いに悩んでしまうようなケースもありますが、基本的に共有持分については交渉をすることで増やしていくことができます。
他の権利者と交渉することで共有持分を増やしていくことができれば、当然ながら有利な状態で共有不動産に関わっていくことが可能です。しかし交渉をするときにはある程度のお金を用意しておかないと、話し合いがうまく進まないと考えられます。

当たり前の話にはなりますが、共有持分の部分についてタダで譲ってくれるような人は基本的に存在しませんから、その部分の価値をしっかりと査定してその分のお金を渡すことになるはずです。
金銭的なメリットを与えることができないと、交渉は決裂する可能性が高いと考えられます。”

交渉のやり方は賢くやるのが大切

共有持分を増やしたい場合は他の権利者と交渉をすることになりますが、交渉に乗ってくれないと発生するデメリットなどを冷静に伝えるといいかもしれないです。
基本的に共有持分を増やすことができないのであれば、途中で売却を検討することもあるかもしれませんが、そのような状態になると大変なことになることを伝えないといけません。
一般的に共有持分については自由に売却をすることができるので、専門的に買取のサービスを提供しているところに相談をすれば現金化をすることができます。

そのようなところが共有持分を所有すると、当然ながら不動産の権利を持っている状態になっているので、無断で敷地内に立ち入るようなことが可能です。
当然ながら生活をしている共有持分の所有者は警察などを呼ぶかもしれませんが、共有持分を持っている人間なら自由に不動産を使えるので、入ってきても法律的には何も問題ありません。そのような状態になることを伝えることで、効率的に共有持分を増やすための交渉を有利に進めていくことができるかもしれないです。

まとめ

共有持分を増やすために交渉するようなことは可能ですし、売却してしまうことで発生するデメリットなどを相手に伝えることで有利に交渉を進めていくことができると考えられます。当然ながら共有持分を増やすには、その部分の権利を購入する形になりますから、ある程度のお金は用意しておかないといけないです。査定などをしてもらうことで、どの程度のお金を用意すればいいのか把握できますから、その点の準備もしておかないといけません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。