全員が協力して売却するのが一番良い方法です

夫婦や親子、兄弟などで一緒にマンションを購入し、名義人が複数いる状態のマンションを抱えている人も多いかもしれません。
このような場合に、共有持分をできるだけ高く売りたいと考えている人も多いことでしょう。
マンションの共有持分を売却する方法にはいくつかの方法があるため、それらの特徴をしっかり把握することで、高額での売却につながります。
最も高額で売るためのコツとしては、なんといっても共有者全員が協力してマンションの全体を売却することです。
全員が一括売却に同意をしている場合には、売買契約や所有権移転登記をみんなで協力すれば、単独所有の場合とそれほど違いはありません。

仲介会社との話し合いや金額交渉等において、売却活動の窓口に誰がなるのかその代表者を決めておくのが望ましいです。
マンションの売却に成功したらその金額から必要経費を差し引いたお金を、共有持分の割合に応じて分配して登記を済ませれば全てが完了します。

自分の共有持分だけを高額で得るためには

場合によっては他の名義人がマンション全体の売却に応じない可能性も考えられるでしょう。
1人でも同意が得られなければ、全体の売却は難しくなります。
このような場合には自分の共有持分だけを売却することになりますが、その際に一番有効な方法は、自分の持分を他の共有者に売却することです。
金額設定さえ間違えなければ、お金を受け取り登記の協力をするだけで終わります。
場合によっては共有持分を売却したいのにもかかわらず、なかなか他の名義人と連絡が取れない、交流さえもなく手がかりもないという場合には、どうすれば良いのか途方に暮れてしまいます。
このような場合には、自分の共有持分を専門業者等の第三者に売却するのが一番です。
他の名義人に自分から連絡を取る必要もなく、専門業者に買取をお願いすれば、

スピーディーに現金化が可能となります。
この場合にはマンション全体を売却する場合と比べ、かなり値は落ちてしまうかもしれませんが、自分ではどうにも動くことができないといった場合には有効な手段と言えるでしょう。

まとめ

共有名義のマンションの処遇に現在困っている人は多いかもしれません。
他の名義人との合意形成が整うことなく、売却できなかったり賃貸に出せなかったりする場合には、どうにも動くことができなくなってしまいます。
住んでもいないのに修繕積立金や固定資産税を支払わなければならず、持ち分に見合う収益がない状況が続いてしまいます。
このような場合には、マンションの共有持分を高額で売るためのコツを把握して、スピーディーに動くことが求められます。
できるだけ高値で売却できるように専門会社の力も利用しましょう。